妊婦さんの足がつる

こんにちは
出産経験も十分にある私が、これから出産を控えている新米妊婦さんにいろいろお話をさせて頂きたいと思います。参考にして下さい。

 

妊婦さんは 足がつりやすいといわれています。
それは主に妊娠中期の終わりくらいに時期になるのですが、こむらがえりを起こしやすくなるのです。
これは主に体内に含まれているカルシウムやカリウム、リンなどの成分のバランスがくずれるせいだといわれています。
もっというならば、おなかの赤ちゃんの成長とともに体重が増えて足の血管が圧迫されて、決行が悪くなることも足がつる原因とされているのです。

 

立ったり座ったり、長時間同じ姿勢でいることも、大きくなった子宮が大動脈を圧迫して筋肉に対する血行を減らしてしまい、それも足がつる原因となります。
足がつることを予防するためには、サポートタイプのストッキングをはくことと、同じ姿勢を続けないということが肝心です。
ふくらはぎが張るのも足がつる兆候といえますので旦那さんにふくらはぎのマッサージをしてもらうことはかなり効果的です。
よくあるのは就寝中にあしがつることです。

 

つりやすい人の昔からの予防策としては足を高くして寝ることです。これは枕や布団をつかって段差を作ってその上に足を乗せて寝るようにします。
簡単なようですが、これらを気をつけて実践するだけでかなり違います。
また、急激な体重増加はいいことではありません。その点も気をつけましょう。

足がつる原因ははっきりしています

妊婦の足がつる原因ははっきりとしていて、それは急激な体重増加による血行障害です。
足がつるという症状自体がまさにそれにあてはまりますので間違いありません。
ですから、特に何が悪いというわけではなく、妊婦にありがちな症状ともいえるのです。
それでも、足がつるとうのはあまり気持ちのいいものではありません。

 

歩いている最中に足がつるということでも起こったら転倒してしまって一大事になってしまうでしょう。
一般的には動いている最中に足がつるということは起こる確率も低いですからそれほど心配はいりません。
動いていることで血行をよくするからです。
妊婦で足がつりやすいのは就寝中です。
びっくりして目が覚めても体が動かずに痛みが過ぎ去って足が動くのをまつしかありません。
あしがつることを予防するのは、ふくらはぎをもんで血行をよくすることです。

 

特に就寝中に足がつることが多いですから、夜、浴槽につかって足をもむことはおすすめです。
就寝中も足を上に向けて寝るのがいいのですが、妊娠中期になると仰向けで寝ることは難しいと思います。
そうなると布団などをくるんでそれを横向きに挟んで寝るということも試してみましょう。
そうすることで足がつることを回避できたら続けていけばいいでしょう。

 

 


高齢赤ちゃん

妊娠中に足がつることは 大半の妊婦さんが経験します

妊娠中にふくらはぎがつるということは妊婦であれば大半の人が経験するようです。
問題は足がつるということをそれまで経験したことがないという人はかなりびっくりする体験のようでそれだけで病院に駆け込むという人もいるくらいです。
それでも、確かに激痛が走りますので、経験がなければ病院に駆け込みたくなる気持ちもわかります。
それでは妊娠中ではなぜ足がつりやすくなるのでしょうか。

 

妊娠すると、骨盤がゆるみ、座骨神経や血管が子宮や骨盤によって圧迫されます。
当然血の流れが悪くなりますから、それが原因となってふくらはぎがつるという現象になるのです。
さらにお腹の赤ちゃんにカルシウムが取られてしまうのでカルシウム不足からふくらはぎがつることも指摘されています。
特にお腹が大きくなる妊娠8ヶ月くらいから足がつる妊婦が増えてきます。

 

対策としてはカルシウム、マグネシウムなどの栄養をとること、同じ姿勢で長時間いないこと。
特に直前まで仕事をしている妊婦に多いので同じ姿勢にならないように気をつけましょう。
寝る際には足を上に上げることが望ましいのですが、仰向けは苦しいでしょうから、横向きでも上にある足は高く上げるなど布団を足で挟むような寝方が望ましいようです。

妊娠後期足がつる

妊娠後期に足がつるのは、体重の増加によることは間違いありません。
特に就寝中に足がつることが頻発しているようでしたら間違いないです。
足がつること自体はそれほど問題がなくお腹の赤ちゃんに影響がでるわけではありません。

 

しかし、足がつること自体はかなりの激痛のはずですから、母体に対する影響ははかりしれないでしょう。
寝不足にもなるでしょうし、激痛の記憶がありますから、なかなか寝付けなくなることもあるでしょう。
かかりつけの医師からは恐らく対処というものはないと考えていいです。

 

対処としては体重を減らすことが一番いいのですが、恐らくそれは難しいでしょう。
それ以外にできることは、足がつるのですから、血行障害が原因です。
半身浴の状態で浴槽にはいり、血行をよくすることは大事です。

 

そのときにふくらはぎのマッサージをしましょう。
ぬるま湯にしておかないと立ち上がったときに立ちくらみを起こしかねませんから気をつけるようにしましょう。
就寝前に旦那さんにふくらはぎのマッサージをしてもらうのも効果有りです。
それと妊婦の皆さんがよくしているのは足を上にして寝ることです。
仰向けがつらい時期にきていると思うので横を向いたときの上の足を布団に挟むなどして少しでも上にあげておく工夫をしたらいいでしょう。